真空(圧空)成形機のゴミ対策を強化しませんか?真空(圧空)成形機のゴミ対策を強化しませんか?

 下記2つの対策でゴミ削減対策と時間短縮を狙うことができます! ※単体でも対応可能です
  1. 1. ヒーター上部のカバーをSUS製に交換
  2. 2. エアシリンダーをギヤードモータに交換

█ ヒーター上下のカバーをSUS製に交換


従来の上下ヒーター反射板フレームは鉄製で経年劣化したり、耐熱塗装部分が劣化したりでゴミ発生の要因や適度なメンテナンスが必要になります。
SUS(ステンレス)製に換えることで、塗装レスで錆にくく放熱性も上がり、劣化しにくくなります。結果見栄えも良くなりゴミ対策にも繋がります。
:鉄製反射板フレーム(表面耐熱塗装) :SUS製反射板フレーム(塗装レス)
鉄製パンチング(表面耐熱塗装) SUS製パンチング(塗装レス)

█ エアシリンダーをギヤードモータに交換


従来機のヒータの前後移動はエアーシリンダ駆動で加減速制御ができず、端でぶつかった動作になりゴミが落下したり停止する迄に時間がかかります。
ギヤードモータに換える事で加減速制御をすることができ、スムースな駆動でゴミを抑え、ヒータの前後移動時間の短縮にも繋がります。
:エアシリンダー :ギヤードモータ

こちらから お問合せください